「ザ!鉄腕!DASH!!」にオキナワモズクが登場

いろいろ

こんにちは。

気温が20度を切る日が増え、沖縄もずいぶん寒くなりました。

気になる情報を見つけましたので、ご紹介させていただきます。

 

日本テレビさんで放送されているバラエティ番組「ザ!鉄腕!DASH!!」の企画として

「第1回ご当地ヌルヌル選手権」(11月12日放送)が行われました。

 

企画の内容は、全国のヌルヌル食材を集めどれが一番ヌルヌルするのか競うというもの。

北海道の函館真昆布、岩手県の三陸わかめ、群馬県の大和芋、沖縄県のオキナワモズク、

アロエベラといったヌルヌル食材をTOKIOの城島茂さんがかぶり、

ヘッドスライディングをしてその距離を競いました。なかなか斬新な企画・・。

 

それぞれの特産品とヌルヌル成分は以下の通り。

 

【函館真昆布】北海道代表

・北海道、第3の都市である函館市のヌルヌル名物。

・長くて幅も広く、別名「昆布の王様」とも呼ばれる。

・現在、生産量は日本一。

・一般的な昆布と比べて、肉厚で旨味成分グルタミン酸も豊富。

・海藻のヌルヌル成分、フコイダンもたっぷり。

 

【三陸わかめ】岩手県代表

・リアス式海岸の沖合には、栄養豊富な親潮が流れ、海産物の宝庫。

・わかめは大きく肉厚で、三陸わかめと呼ばれるブランド品。

・現在、わかめの生産量日本一。

・ヌルヌル成分のフコイダンとアルギン酸が豊富に含まれている。

・アルギン酸には、フコイダン以上の保湿と美容効果が。

 

【大和芋】群馬県代表

・群馬県太田市が誇る名産、いちごやトマトに隠れたヌルヌル名物。

・利根川流域は、水はけが良いサワサラな土壌で、粘りの強い良質な大和芋が育つ。

・山芋の一種で、ヌルヌル成分のムチンが多い。

・別名「山のうなぎ」と呼ばれている。

・栽培面積は日本一。

 

【オキナワモズク】沖縄県代表

・長寿沖縄を支える健康食の一つ。

・沖縄本島中部や久米島など、遠浅の海で養殖される。

・養殖が困難と言われてきたが、昭和52年に成功。

・生産量日本一で、国産モズクのシェア99%を占めている。

・ヌルヌル成分のフコイダンの含有率が海藻の中でナンバーワンとも言われる。

 

【アロエベラ】沖縄県宮古島市代表

・ミネラル豊富な島で育つ、隠れたヌルヌル名物。

・大きいもので葉の長さは1m近くで、肉厚。

・ヌルヌル成分のムチンが豊富。

・保湿効果も高いと言われ、スキンケア商品などに、様々加工されている。

・宮古島はアロエベラの生産量、日本一。

 

 

 

結果は、オキナワモズクは残念ながら5位でした・・。

でも、フコイダンの含有率は海藻の中でNo.1ということを

全国の方々に知っていただけたのが何よりです。

今度は是非、味で勝負してもらいたいですね!

 

また面白い情報見つけましたらご紹介いたします。

ではでは次回の投稿をお楽しみに〜

 

 

 

 

拝見させていただいたページのリンクを貼らせていただきます。

出典元:日本テレビ 2017年11月12日 放送内容

  • フコイダン吸収試験ボランティア募集中!
  • イメージテキスト

    生産地・沖縄県で、オキナワモズクやフコイダンの研究開発と生産に積極的に取り組むサウスプロダクトが、その魅力や特性を科学的にわかりやすくご紹介。
    モズク産地ならではの「Live感」いっぱいで、お届けします!