沖縄県もずく養殖業振興協議会に参加いたしました

ニュース・トピックス

こんにちは。

 

先日、沖縄県もずく養殖業振興協議会の定期総会に参加いたしましたので、

その紹介を行います〜。

 

沖縄県もずく養殖業振興協議会は、

「モズク生産の適正化と価格の安定、モズク流通の円滑化及び消費の拡大を図ることにより、会員が行うモズク販促を支援し、もってモズク漁業経営の安定・発展に資することを目的(※協議会HPより一部抜粋)」としており、様々な事業を行なっています。

 

沖縄県の漁業協同組合の関係者、市町村の関係者、もずく加工業者といったもずく産業に関わる方々が参加されており、私たちサウスプロダクトも賛同させていただいています。

 

協議会では、もずくの生産状況や、販促のためのイベント(例えば「もずくの日」)等の報告と次年度の予定を話し合いました。

 

 

今年のもずくの生産量は、2年連続前年を上回ったものの、目標の2万1千トンには届かなかったとのこと。まだ需要に追いついていないのが現状のようです。2014年は2万トンを超えていたため、来年こそはそれ以上の生産量を期待したいですね!

 

琉球新報記事(もずく生産量の推移)2017.8.18
▲琉球新報さんの記事より(H29.8.18掲載)

 

 

 

ちなみに、今回の協議会の様子はテレビでも紹介されました!

(この後姿は弊社の社員です。)

 

もずく協議会2017

 

 

これからも、私たちの商品であるフコイダンや早摘みもずくをお客様に提供し続けられるように、

生産者やその関係者との関わりを大事にしていきたいと思います!!

 

 

 

ではでは、またの投稿をお楽しみに♪

 

 

 

  • フコイダン吸収試験ボランティア募集中!
  • イメージテキスト

    生産地・沖縄県で、オキナワモズクやフコイダンの研究開発と生産に積極的に取り組むサウスプロダクトが、その魅力や特性を科学的にわかりやすくご紹介。
    モズク産地ならではの「Live感」いっぱいで、お届けします!